殺菌方法

乳酸菌で生菌って何?

最近の乳酸菌ブームの中で、生菌と死菌の2つのタイプがあると注目されています。
生きたまま腸まで届き、整腸作用とともに体内環境を整えてくれる乳酸菌が生菌、そして加熱処理などを行い死んでしまった乳酸菌を死菌と呼んでいます。
これまで乳酸菌は、生きたまま腸内に到達し作用することが重要とされていましたが、死菌も腸内における乳酸菌の増殖を促す作用あり、体内でも有効であるといわれています。

生きたまま腸内に到達する生菌は、風邪の予防やインフルエンザ、ノロウイルスなどのウイルス感染予防、アレルギーへの免疫力の向上などに効果高く、年齢が若いうちは、生菌を摂取することで免疫力の回復が早いようです。
ただし、高齢者が免疫力を回復させるにはより大量の摂取が必要です。

生菌は胃酸で多くが死滅します。
また、生きたまま腸内に届いても自分自身が持つ腸内細菌によって死滅することもあります。
年齢が高くなれば、悪玉菌といわれる腸内細菌の量も多くなり、少量の生菌では効果がありません。
「生きたまま腸に届く」というのはとても難しいことなのです。
できるだけ多くの生菌を腸内に定着させるためには、乳酸菌の入っている食品毎日食べ継続していくことで、生菌の効果が作用する健康な体を維持していくことができるのです。