殺菌方法

効率的に乳酸菌を摂るには

乳酸菌が体にいいといわれる中で、より効率的に摂取するためには「どのタイミングで乳酸菌を摂ればいいか」といろいろ議論されています。
特にヨーグルトや乳酸菌飲料に関しては「朝食前の空腹時がいい」とか、「寝る前に摂るといい」、「食後の胃酸の分泌量が少ないタイミングがいい」など、これといって1つにまとまった意見がないように思います。

乳酸菌は、長く胃酸にさらされることで死滅してしまいます。
乳酸菌を生きたまま腸まで届けるためには、胃酸が少ない状態で摂取することがのぞましいです。
空腹時では、食べ物を見ただけで胃酸が分泌されることがあり、それでは乳酸菌の効果が半減してしまいます。
よって、朝食前の空腹時ではあまりいいタイミングとはいえないようです。
比較的に胃酸分泌が少ない食後、食後2~3時間程度であれば胃の中が空っぽでも胃酸の分泌が少ないので就寝前というのも効果的なタイミングといえます。

ただ最近の乳酸菌には、ピロリ菌などに作用する胃の中で効果があるものや、生きたまま腸まで届くように研究されているものもありますし、植物性乳酸菌http://www.flash-website-template.com/syokubutusei.htmlであれば塩分や酸の多い環境で生育しているので、胃酸に負けず腸まで届くといわれています。
よって摂取するタイミングに、こだわる必要がないようです。
自分のタイミングで継続的に摂取することが重要となってきます。
こちらに乳酸菌を多く含む食材が紹介されていますので、こちらに載っている食材を毎日食べることで自然と乳酸菌を体内に取り込んでいきましょう。