殺菌方法

乳酸菌を殺菌するってどういうこと?

乳酸菌食品や乳酸菌飲料には、「殺菌」と表示されているものがあります。
乳酸菌の効果は、「生きて腸に届くこと」で効果が発揮されることが多くの人に知られる事実となっています。
ですから、「殺菌」の表示で菌が死んでしまうのでは、思っている人が多いはずです。

まずは、殺菌をおこなう理由として、殺菌処理によって乳酸菌だけでなく他の細菌などの繁殖を抑制し、腐敗を防止しています。
これによって、商品としての風味や栄養価を損なうことなく販売できるのです。
殺菌をおこなわないで販売した場合、陳列されているときでも菌の生育はおこなわれ、発酵していく中ではガスが膨張し破裂を起こすこともあります。
これでは商品として販売できません。
よって、殺菌処理によって菌を死滅させるのです。

死滅した乳酸菌の死菌は、や胃酸の影響を受けることなく腸までたどり着くことができます。
生菌のような整腸作用を促す効果や免疫力を高める効果はありませんが、生菌の生成をサポートして、腸内の乳酸菌を増やしてくれます。
「殺菌」と表示された乳酸菌食品でも腸に効果のある乳酸菌が残っているのです。
殺菌処理されているからとその商品を除外するのではなく、いろいろな種類の乳酸菌食品を継続して摂りつづけることが大切になってきます。